FC2ブログ

    プロフィール

    きた

    Author:きた
    FC2ブログへようこそ!


    最新記事


    最新コメント


    最新トラックバック


    月別アーカイブ


    FC2カウンター


    カテゴリ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも一覧


    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    加減(「水滴」②)

    「痛いっ、こんなのイヤぁ……」
     麻那は双眸に涙を浮かべながら、緊縛された上半身を左右に捩った。
    「すぐに気持ち良くなるよ。洗濯ばさみのバネは相当に弱くしてあるからな」
     坂上は訴えに取り合おうとしなかった。洗濯ばさみは乳房に対して垂直になる形で食い込んでいる。しばらく経つと痛みに慣れてきたのか、苦痛は乳首を指で強く摘ままれた程度に和らいだ気がした。しかし、痛みが完全に快感に転化したわけではない。麻那は表情を歪めながら、涙に霞んだ目を坂上に向けた。
    「ちょっと痛いか。なら、こいつは止めよう」
     坂上は両乳首から洗濯ばさみを外した。麻那がホッと一息を吐いたところで、再び乳首が苦痛に襲われた。
    「止めるって言ったじゃないっ!」
    「挟み方を変えるって意味さ」
     今度は洗濯ばさみが乳房と水平に取り付けられている。先端近くの輪になった部分で乳暈から挟むような格好だ。赤く充血した乳首の先が絞り出され、少しだけ顔を出している。
    「これなら大して痛くないはずだよ」
     露頭させられた乳首が指先でそっと転がされた。
    「んんっ……」
     麻那の背後に回った坂上が、首筋に唇を這わせながら乳首を愛撫し始めた。豊かな髪の毛から漂うシャンプーの香りに、ほのかな体臭が混ざりつつある。乳首を強く摘ままれたり、根元を噛まれたりすると、桃色に染まった全身が汗ばんでくる女だ。洗濯ばさみはそれ以上の効果をもたらしているようだ。
    「ますます乳首が立ってきてるじゃないか。洗濯ばさみを弾き飛ばしそうなくらいだよ」
    「ああんっ、もう外してくださいっ。イヤん、そこダメっ」
    「このシャリシャリした手触りもいいねえ。あれ? 何だか湿ってないか?」
     坂上の右手がショーツの中に潜り込み、繊毛をかき混ぜている。だが、手は秘唇に伸びそうでいながら、その直前で踏みとどまっている。麻那は腰を揺すって喘いだ。
    「シャリシャリも悪くないけど、ツルツルも嫌いじゃないんだ。また剃り上げてやろうかな」
    「それ、許してぇ」
    「ツルツルにされた後、何日か経ってザラザラしたのも良いんだよな」
    「イヤっ、イヤっ」
     数ヵ月前、歌舞伎町のラブホテルで椅子に開脚で縛られ、剃毛された時の羞恥が麻那の脳裏に蘇る。自らアンダーヘアを整えることはあっても、それを他人の手で剃られるのは恥ずかしい。まして、剃られながら敏感なところを悪戯され、意に反して示してしまった身体反応をからかわれるのだ。
    「いっ、いいっ!」
    「やっぱり、クリちゃんピンピンにさせてるねえ。指先で跳ねるようだよ」
     坂上の指が肉芽を捉えた。後ろから後頭部を掴まれ、顔を下に向けさせられる。視線の先では、ショーツのクロッチ部分が小刻みに浮き上がり、見えないところで指先が卑猥に蠢いている様子だ。肉芽を柔らかく刺激していた指の回転が次第に速まっていく。
    「あんっ、んん……」
     後頭部に加えられていた力が消え、麻那は顔を左右に振りながら喘ぎ声を噴き出させた。すると、ブーンと振動音が鳴り、やがてカタカタという音が共鳴した。
    「んっ、ああんっ!」
     麻那の頭から離れた坂上の左手がピンクローターを乳首に噛まされた洗濯ばさみに押し当てられていた。
    「ほーら、洗濯ばさみはもうイヤじゃないだろ?」
     根元を絞り上げられた乳首が、淫らな振動に晒されている。坂上の言うとおり、苦痛よりも快感の方がはるかに勝っていた。一方で、肉芽の根元は人差し指と薬指に押さえられ、露頭した肉芽の先に中指が熱い粘液を塗り付けている。
    「随分あったかいねえ、麻那のここ。ローターを当てたら、もっと熱っぽくなりそうだな」
    「それはダメっ」
    「ホントはクリちゃんをもっと激しく擦ってほしいんじゃない?」
     肉芽の根元を挟む力が強くなった。
    「あん、もっと優しくっ」
    「痛いのか?」
     麻那のそこは刺激に強いはずだった。
    「違うの……。あん、もっとゆっくり、ねえ」
     麻那は俯きながら首を振った。
    「そうか、まだ逝きたくないのかな?」
     小さな頷きが返ってきた。
    「そういうときはね、『もっと愉しませてください』っておねだりするんだ」
    「……愉しませてください……」
    「焦らしてほしいなんて、エッチだねえ」
     ショーツ越しにローターをあてがわれた。
    「あん、ローターはダメですっ!」
     すぐに振動は去る。ホッとしていると、再び振動が肉芽を襲ってくる。
    「ダメ、逝きそうっ! あむっ……」
    「ゆっくり弄られるより、寸止めを繰り返された方が気持ちいいよね? 今日は逝かせてあげないよ。言わば『限りなくアクメに近い寸止め』ってやつを、ずっと味わってもらおう」
    「おかしくなっちゃうっ!」
    「そう言いながら発狂した女は、今までいなかったよ。君の『愉しませてください』ってそういう意味だよな?」
    「い、ひぃっ、あうんっ。もう許してえ……」
     麻那が絶頂を迎えようとするたび、肉芽への振動はふっと消え去ってしまう。麻那は涙を浮かべながら、坂上への哀願を繰り返した。自らが坂上に告げた言葉を後悔しながら。
    「今度はローターをクリちゃんに直接あてがってみよう。ますます愉しめるかな?」
     坂上は笑いながらローターを麻那の鼻先に突き付けた。熱い淫蜜に濡れた玩具は、彼女自身の強い牝臭を放っていた。
    スポンサーサイト
    [PR]

    Next |  Back

    コメントの投稿












     管理者にだけ表示を許可

    トラックバック:

    この記事のトラックバック URL

     | ホーム |  page top


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。