FC2ブログ

    プロフィール

    きた

    Author:きた
    FC2ブログへようこそ!


    最新記事


    最新コメント


    最新トラックバック


    月別アーカイブ


    FC2カウンター


    カテゴリ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも一覧


    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「安堵」(「容疑者K」③)

     耳穴に息を吹きかけられ、耳朶を甘噛みされる。もう片方の耳穴に挿入された小指は小刻みに抽送される。同時に、わき腹が擽られ、内股を脅かされる。柱から解放された香奈は、後ろ手の縛めはそのままに、ベッドに寝かされた。股縄はほどかれたが、ショーツをはぎ取られ、M字開脚に拘束されてしまっている。そんな状態で一からの愛撫ばかりを繰り返されても、香奈の煮詰まった性感はいつまでも沸騰しない。
    「も、もっと……」
    「もっといじめてほしいのか?」
    「そうじゃなくて……もっと、もっと気持ち良くして……」
    「承知いたしました」
     揶揄するような口調で応えた吉本は、先ほどから後門に挿入されたままのピンクローターのスイッチを最大にした。
    「だ、ダメっ、それダメっ」
    「さっきはこれで気持ち良くなったんだろ? それで股縄を足に擦り付けてたんだろ?」
    「言わないで……」
     その間に吉本の唇は耳朶から首筋、顎と徐々に香奈の身体を這い降りていく。手は乳房の裾を彷徨い、わき腹を撫で、臍を擽る。やがて手が徐々に乳房の裾から頂点に向けて撫で上げていき、唇と舌がもう片方の膨らみを這い上っていく。香奈は妖しい期待と欲望をいよいよ募らせていた。舌は乳暈の周りを執拗に舐め回し、手指は乳首の辺りを念入りに擽り回す。
    「ん……早くっ」
    「早くどうしてほしいんだ?」
     先ほどまで洗濯挟みに締め上げられていた乳首は、今にも血が噴き出さんばかりに充血している。
    「乳首を……」
    「乳首だけでいいのかな?」
     吉本は乳首の至近距離まで近付けた唇をつぼめて何度も息を吹きかけながら、後門から伸びたローターのコードを摘まんだ手を震わせた。
    「ううぅんっ!」
     次の瞬間、指と唇がそれぞれの乳首を襲った。
    「あひぃ、ぐっ……!」
     たまらず香奈は後ろ手M字開脚縛りの身体を仰け反らせた。一方の乳首は摘ままれ、揉まれ、しごかれる。もう片方の乳首は吸われ、舐められ、根元を甘噛みされる。その快感が全身を走り抜けると同時に、放置されたまま空しく蜜を吐き出している秘裂が空虚感を訴えてくる。
    「ああん、もう逝かせてっ……」
    「おれが風呂に入ってる間に逝ったんじゃないのか? 縛られた身体をモゾモゾ動かしてる姿、滅茶苦茶エロかったぜ」
     そのエロい動きを肝心なところで中断させ、蛇の生殺しの苦しみを味逢わせておきながら、吉本は惚けた。
    「後ろじゃ逝けない……。ちょっとでいいからクリ触ってっ!」
    「ちょっとと言わず、存分に味わえよ」
     吉本は身体をずらし、濃密な匂いを漂わせる草むらに顔を埋めた。上に掲げた両手で乳首を愛撫しつつ、すっかり剥けきった肉芽に舌を絡ませた。
    「んぐっ……」
     頭を仰け反らせた香奈の背筋が反った。拘束された脚が小刻みに震えた。軽く絶頂に導かれてしまったのだ。花蜜に濡れた唇に肉芽が包まれ、吸われ、舐め転がされた。軽く前歯で挟まれると、猛烈な波動に背筋を貫かれた。
    「いいっ……逝くっ!」
    「クリだけでそんなに気持ち良くなっていいのか?」
    「もう、ちょうだいっ」
    「ふふふ、こんな気持ちいいこと、もっと頻繁にしたくないか?」
    「ああ、もっと……」
    「おれは今離婚調停中だって話したよな? カミさんと正式に別れられれば、堂々と逢えるぜ。おれの家に呼んだっていい」
    「ああん、早くそうしてっ! うぅん、欲しいっ」
    「まずはこいつだ」
     肉芽を吸いながら、吉本は中指を肉壺に忍び込ませた。香奈が呻く中、挿入した指が抽送される。屈伸運動が始まる。後門からはローターの刺激が襲う。「三所責め」の強烈さに、香奈は涎と汗と愛液を垂れ流しながら、全身を震わせた。
    「だめっ、もう許してっ。ああぁん、逝く、逝っちゃうっ、死んじゃう……」
     全身が硬直する。愛らしい瞳は焦点を失っている。肉壺は繰り返される絶頂にヒクヒクと震えている。そして、吉本が示した二人の関係の発展を仄めかす言葉がもたらした安堵が、香奈の全身を貫く快美感をより甘やかなものにしていた。
    スポンサーサイト
    [PR]

    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    Next |  Back

    コメントの投稿












     管理者にだけ表示を許可

    トラックバック:

    この記事のトラックバック URL

     | ホーム |  page top


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。