FC2ブログ

    プロフィール

    きた

    Author:きた
    FC2ブログへようこそ!


    最新記事


    最新コメント


    最新トラックバック


    月別アーカイブ


    FC2カウンター


    カテゴリ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも一覧


    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    呪詛(「拒絶」③)

    「うぐぅ、ひやぁぁ……」
     口縄に舌の動きを制限されているせいで、梨絵の悲鳴は自然と舌足らずなものとならざるを得なかった。その間にも、肉芽への指弄と乳首への刺激は続いている。肉襞に絡み付いた淫液が立てるクチュクチュという音が耳に伝わってくる。縄に染みこんだその味は、自らの唾液と混ざってますます際立ってくるような気がした。
    「おっ、吊られてるくせに、腰がもぞもぞ動いてるぜ。エッチなんだな、梨絵は。どんなに痛めつけられても、オ×ンコ弄られると感じちまうんだろ?」
    「そんはことなひ……」
     後手に厳しく緊縛された身体が完全に宙に浮かんだ体勢は、思いのほか心地よかった。このままブランコのように揺らされていたら、今までに感じたことのない酩酊感に酔ってしまいそうだった。その酔いを醒まし、代わりに、川奈の指が送り込んでくる快美感に全身を貫かれる。乳首を執拗に揉み転がされ、肉芽を軽いタッチで繰り返し弾かれると、全身に小刻みな震えが走るのを止めようがなかった。
    「い、逝きそう……」
    「おっと、この程度の責めでくたばるのは許さねえぞ」
     川奈の指が乳首と肉芽から引き上げられる。
    「い、意地悪っ。すぐ焦らすんだから……」
     宙ぶらりんの快感に梨絵は焦れながら悶えた。川奈の手は梨絵のわき腹や内腿を擽り、性感の熾火は絶やしてくれない。
    「クリばっかりいたぶられても面白くないだろう?」
     川奈は梨絵の下腹部に萌える繊毛をかき混ぜ、さらなる焦れったさに悶えさせると、責め道具を詰め込んだカバンからバイブレーターを取り出して彼女の眼前に突きつけた。
    「ひやぁっ!」
     叫びながらも、梨絵の視線は、バイブに吸い寄せられた。日本人の平均サイズよりは一回り大きく、カリの部分は大きく傘を開いている。肉芽への刺激で何度も逝かされた後は、逞しいもので股間の洞ろを腹一杯満たされたかった。それが熱を伴ったものなら、文句はなかったが。
    「いい加減おれのモノが欲しいのかも知れないが、そいつは暫くくれてやらねえぞ」
     梨絵の気持ちを見透かしたように川奈はからかいの声を浴びせながら、バイブレーターの根元にあるスイッチを押した。蜂の羽が震えるような音を発しながら、ゆっくりとうねった。川奈は腰をかがめ、バイブの根元近くで枝分かれした「豆さぐり」の先端を乳首に宛てがった。
    「ああ……はむっ……」
     乳首を襲う振動に宙づりの身体を身悶えさせた梨絵は、もう片方の乳首に生温くぬめった感触を知覚した。
    「両方なんていやっ! いはぁぁ……っ」
    「バイブとおれの舌とどっちがいい?」
     川奈はバイブと舌や唇で巧みに乳首を責め立てながら、梨絵に問うた。梨絵は喘ぎ混じりの哀しげな悲鳴を上げながら、細眉を八の字の形にして快感に悶絶した。口縄に割られた唇の端から細く滴った涎が、室内照明を受けて白く煌めいた。
    「ほら、そろそろお待ちかねのオマ×コを嬲ってやる」
     たっぷりと乳首を刺激して梨絵をたまらない思いに追い込んだ川奈は、いったんスイッチを切ったバイブを彼女の頬に押し付けながら言った。顔を背けようとした梨絵の表情に、一瞬喜色が走ったのを川奈は見逃さなかった。わざと梨絵の目の前でバイブにコンドームを被せる。
    「ったく、こっちからもヌルヌルにしてやがるじゃねえか。上からも下からも涎垂らして恥ずかしくないのかよ?」
     梨絵の脚の方に回った川奈は、言わずもがななことを敢えて問い掛ける。
    「どうして欲しいのか、梨絵の口から言ってみな」
    「バイブでアソコ弄って……」
    「なら、こうか?」
     川奈は吊られた脚の奥で花蜜に塗れた股間に沿ってバイブの先端を上下させた。すっかり扉を開けた淫裂は海中生物のようにヒクヒクと蠢き、肉棒を模した玩具を銜え込もうとしているように見えた。川奈は先端を淫裂の端から端まで往復させる動きを辛抱強く繰り返した。
    「あぅぅ、ちょうらい……。もう、お願い……」
    「今ちょうど、くれてやってるじゃないか」
    「意地悪……」
    「何が意地悪かしら? 梨絵さんがバイブで弄って欲しいっておっしゃるから、その通りにして差し上げている最中でございますが」
     揶揄をたっぷり練り込んだ馬鹿丁寧な口調。梨絵は口惜しげに叫んだ。
    「オ×ンコに入れてっ! 入れて、あはん、早くぅ」
    「最初からそうおねだりしていれば、ここまで焦らすつもりはなかったのにな」
     梨絵を追い込むだけ追い込んだ川奈は、熱い蜜を吐き散らす秘裂にバイブを一気に挿入した。秘裂を押し広げられる感覚に、梨絵はすっかり裏返った悲鳴を上げた。
    「あうぅ、奥までぇ」
    「すっかり濡れ濡れだからな、バイブを勝手に呑み込んでいくぜ、梨絵のオマ×コ」
     秘奥を数回突き上げて梨絵の口から快楽の喘ぎを搾り取った後、川奈は突然バイブをスッポリ抜いた。
    「どほしてぇ……?」
    「いきなり奥まで入れられても詰まらないだろう? ほら」
     川奈は再びバイブを秘裂に潜り込ませた。カリの部分が肉襞を広げる感覚に、梨絵は再び呻く。川奈はバイブで梨絵の浅瀬を徐々に押し広げるように嬲り立てる。
    「ぎもぢいぃっ! ああ、もっと奥に、奥にぃ」
     梨絵の哀願には応えず、川奈はもう片方の手で肉芽を擦った。
    「ああ、いぐぅ……。逝っちゃうっ」
     真っ赤に色づいた裸身を小刻みに震わせた後、梨絵は身体を硬直させた。直後、彼女は腹を大きく波打たせながら、苦しげな喘ぎ声を口縄越しに漏らした。
    「こんなんで逝ってんじゃねえ。もっと狂わせてやる」
     今度は、川奈がスイッチを入れたバイブを奥まで突き立て、大きく抽送させる。忘れられていた乳首を片一方の手で捻り上げる。体内の最も感じる部分を淫具の振動に揺さぶられた上、勃起しきった乳首への刺激も加わり、梨絵は先ほどよりも深い絶頂に追い上げられた。
    「いぃっ……。そこイヤぁっ。ダメ、逝くっ。逝く、逝っちゃうぅっ……!」
    「もっと逝くまで吊りから降ろしてやらないからな、覚悟しておけよ」
     半ば朦朧とした意識の中、梨絵の耳には川奈の声が呪詛のように残っていた。
    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    Next |  Back

    コメントの投稿












     管理者にだけ表示を許可

    トラックバック:

    この記事のトラックバック URL

     | ホーム |  page top


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。