FC2ブログ

    プロフィール

    きた

    Author:きた
    FC2ブログへようこそ!


    最新記事


    最新コメント


    最新トラックバック


    月別アーカイブ


    FC2カウンター


    カテゴリ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも一覧


    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「口唇」(「主演」・終)

    「ほら、しっかりナメナメしてもらうぜ」
     唯一残っていたブラジャーも外され、改めて高手小手に縛り上げられた由梨恵は、髪を掴まれた。顔が仰向けに横たわった高尾の股間に近付けられる。口惜しいことに、目の前のそれはまだ勃起していなかった。
     キングサイズのベッドに横臥した高尾の身体に対し、ちょうど直角の角度で由梨恵は覆い被さる格好だ。まだ萎えたままのそれの根元に口づけし、何度も先端に向かって舐め上げる。やや力をもたげてきたところで先端をすぼめた唇でキスを繰り返し、小刻みに舌を這わせる。高尾の呼吸が荒くなり、男根に力が漲ってくるのが感じられる。そして、完全に勃起させることに成功すると、由梨恵はわざと先端避けて茎の部分にキスをしはじめた。いつも散々焦らし責めにかけられていることへの仕返しのつもりだった。
    「あうん」
     乳首が高尾の悪戯な指で揉み転がされる。由梨恵の身体はちょうと高尾の右手を伸ばしたところにあった。
    「なかなか上手くなったじゃないか。お礼に気持ち良くしてやるよ」
     高尾の体臭が最も色濃く発せられる部分を口唇愛撫しながら敏感な部分を刺激されると、普段よりさらに快感が増してくる。高尾を焦らそうという邪心は消え去り、先端を唇に咥えながら舌を這わせた。早く高尾のものを秘唇で味わいたくなった。
    「う、ううん、止めてっ」
    「縛られてチ×ポ舐め舐めしながらオマ×コも弄られるなんて最高だろ?」
     高尾の右手は由梨恵の股間をまさぐっている。繊毛を擽り、秘唇を撫で上げ、肉芽を転がしてくる。思わず口唇愛撫に熱が入る。だが、高尾の指弄で思わず声が漏れ、屹立を咥えているのが辛くなってきた。
    「ああん、もう許してっ」
    「何が許してだ? せっかくオマ×コを気持ち良くしてやってるんだ、フ×ラを止めるんじゃないぞ」
    「だってっ、ああ、もう欲しいですっ……」
    「もっとおれを気持ち良くしてくれないと、こいつはお預けだ」
     依然として股間に高尾の指が遊んでいる。肉芽を軽いタッチで巧みに擦られ、快感が背筋を何度も貫いてくる。由梨恵は意地悪い快感に苛まれながら、高尾の屹立を懸命に咥え込んだ。
    「お、なかなか熱が入ってるじゃないか。お礼にもっと愉しませてやるぜ」
     枕元に置いたピンクローターを手にすると、高尾は振動子を由梨恵の股間にあてがった。
    「うふんっ!」
    「ほら、こうするともっと一生懸命舐める気になるだろう?」
     振動が強められる。体内で沸騰寸前まで高められた性感は既に捌け口を求めて荒れ狂っている。
    「あん、ダメっ! 逝っちゃう……」
    「逝ってもいいんだぜ。その代わり、こいつは挿れてやらないからな」
    「そんなっ。意地悪……」
    「逝きたくてたまんないんだろ? おれのチ×ポなんかより、ピンローの方がいいんだよな?」
    「もういじめないでっ。お願い、くださいぃぃ……」
     高尾の屹立に舌を這わせながら、由梨恵は泣き声で哀願した。
    「なら、おれの言うことは何でも聴くか?」
    「何でも従いますからっ! お願い、お願いっ……!」
    「今の言葉、後で撤回したら許さないからな」
     高尾は枕元に置いたコンドームを手早く自らに被せると、由梨恵に命じた。
    「跨がるんだ」
     言われたとおり高尾の股間にまたがった由梨恵は、しゃがみ込みながら手で根元を支えられた屹立を徐々に咥え込んでいく。先端が体奥に届くと、由梨恵は堪らずに腰を前後に律動させた。
    「ああん、気持ちいいっ。気持ちいいよぉ……」
     しばらく由梨恵に思いのまま腰を動かすのを許した後、高尾は腰を数回大きく突き上げた。
    「許してっ、もう……」
     叫びとともに由梨恵は全身を痙攣させた。
    「こんなんで逝っちまって満足してるんじゃねえぞ。もっと狂わせてやる」
     高尾は由梨恵の腰を両手で抱えると、本格的に律動を開始した。深く突いたかと思うと、入り口のあたりを擦り上げ、一気に昇り詰めようとする由梨恵の感覚を翻弄する。由梨恵は顔に汗で髪の毛を貼り付かせ、腰を捩りながら高尾の肉棒を味わわされていた。
    「あんっ、また逝っちゃうっ! もっとっ……。あんっ、来て、来てっ、お願いっ」
    「まだまだこんなんじゃ逝き足りないだろうが」
     高尾は由梨恵を両膝と頭で身体を支える格好にさせると、後ろから貫いた。
    「あん、そこは許してっ!」
     高尾の指が後門を抉り回してきた。
    「ここもすぐ好きになるさ。おぉ、よく締まるぜ」
    「ああん、死んじゃうぅ……」
     腰の律動が大きくなる。喘ぐ由梨恵の髪の毛が掴まれ、ベッドの下に設えられたムービーカメラのレンズに差し向けられた。由梨恵は呆けた顔を晒したまま、高尾が送り込んでくる快楽に没頭していた。撮影動画が高尾の友人の調教師・阿久大寛の元に届けられるとは知らないまま――。
    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    [PR]

     | ホーム |  » page top


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。