FC2ブログ

    プロフィール

    きた

    Author:きた
    FC2ブログへようこそ!


    最新記事


    最新コメント


    最新トラックバック


    月別アーカイブ


    FC2カウンター


    カテゴリ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも一覧


    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「熱涙」(「尖り」②)

     朋香は再び目隠しをされ、床に俯せにされた。
    「もっと尻を上げるんだ」
     頭を床につけたまま腰を持ち上げられた。四つん這いで、頭と両膝の3点で身体を支える格好だ。長襦袢の裾を引きはだけられ、丸出しの尻が直接空気に触れる。最も恥ずかしい部分をさらけ出されている。
    「相変わらずムッチリとした形のいい尻だな」
     勤務先の会社で、通りすがりに朋香の尻をイヤらしい目で眺め回す役員がいるのを思い出し、妙な羞恥心が湧き上がる。
    「それに、オ×ンコが朋香の汁で覆われてるよ。さっき拭いてやったばかりなのに」
     揶揄が耳に入った瞬間、内股を熱い粘液が滴るのを感じた。思わず顔を捩る。ビニールのような感触がした。すると、尻に熱を感じた。
    「あんっ」
    「朋香の尻を真っ赤に染めてやるからな」
     尻に点々と熱い滴が垂らされる。蝋燭で責められるのは初めての経験だった。
    「いやんっ、熱いっ。許してえ……」
    「お仕置きだって言ったろ? この熱いのがいいんだよ。でも、火傷するほどじゃないはずだぞ」
     蝋涙は尻だけでなく、剥き出しになった太腿やふくらはぎを襲ってくる。腰を捻って避けようとする。だが、後ろ手に縛られた格好では、この熱を逃れる術はない。
    「あんまり動くとせっかくの長襦袢が蝋まみれになるぞ」
     尾てい骨のあたりに?涙が落ちてくる。それが固まりきらないうちに、新たな蝋涙が垂らされる。熱い滴が柔肌の上に重なってくるのは、今までのような甘い責めではなく、拷問に近い。「熱い、ダメっ」と小さな悲鳴を上げながら、朋香は四つん這いの身体を跳ねさせた。すると、上橋の指が秘核を転がしてくる。
    「止めてえっ」
    「朋香のマン汁でヌルヌルだぞ、クリちゃん。指が滑っちゃうよ」
     ずん、と指が秘裂に押し入ってきた。内部の肉壁が指先で弄られる。その間にも蝋涙は尻を襲ってくる。体内で高まってくる強烈な快感を逃そうとしても、できるのは上体が少し反り返させることだけだ。
    「今度は表だ」
     身体が仰向けに横たえられる。長襦袢の前袷を思いっ切りはだけられ、乳房と腹が露出させられる。臍のあたりに熱さが走る。
    「あうっ!」
    「臍が気持ちいいんだよな」
     上橋にそれを話した覚えはないのに、性感帯を把握されているのが恥ずかしかった。腹のあたりに蝋の雨を降らされる中、乳首が摘ままれる。
    「んっ……」
    「乳首もコリコリじゃないか」
     直後に乳首が熱に襲われた。
    「いやあっ! おっぱいは止めてっ」
    「蝋燭でおっぱいの型を取ってやろうか?」
     目隠しが取り去られる。目の前で密かに形の良さを誇っている乳房に蝋涙が降り注がれる。熱が身体の芯に響く。蝋燭に負けないくらいに朋香の性感は燃え盛ってきた。
    「おっぱいに垂らされるのも悪くないだろう?」
     と言いながら、蝋燭は脚を襲ってきた。足の甲や爪先も熱せられる。その感触も悪くはなかったが、乳房への蝋燭責めに比べると性感への訴えは弱い。朋香は膝を折ったり伸ばしたりしながら、腰を捩った。蝋涙は次第に脚から太腿に移ってくる。
    「ふふふ、今度は蝋燭で朋香のオケケを焼いてやろうか、あん?」
    「それだけは許して……」
     その間にも蝋涙は脚を遡ってくる。朋香は身体を左右に捻って抵抗する。
    「しょうがないな、これでも咥えてもらおうか」
     秘口を太いもので押し広げられた。
    「おれのものなんかより逞しいだろ、これ?」
     バイブの先端が秘裂の入口あたりを小突く。小刻みに抽送はされているが、奥には届きそうもない。再び臍に蝋涙が降ってくる。朋香は無意識に腰を蠢かせ、バイブをさらに深いところに迎え入れようとしていた。
    「あん、もっとっ」
    「もっと蝋燭が欲しいのか?」
    「違うの、意地悪しないでえ……」
     気付かぬうちに涙声になっていた。
    「何が意地悪なんだ?」
     淫具の先端が体奥に突き立てられる。腰がひとりでに浮く。すると待ち望んでいた先端は引き上げられる。いつの間にかスイッチを入れられ、振動とうねりが秘裂の入口に押し付けられる。甘い痺れが秘核に及んでくるが、真に刺激を欲している部分のもどかしさが募ってくる。
    「いやっ、おかしくなっちゃう……。もっと壊してっ! 狂っちゃいたいっのぉ」
     腰が淫らに舞っていることにすら気付かなかった。途端に体奥が振動に晒された。
    「これが欲しいのか?」
    「うぐっ……」
     頷く間もなく腰が跳ね、下半身が痙攣に襲われた。奥まで呑み込まされた淫具が大きく抜き差しされ始めた。
    「逝くって言わなかったな。ずっとこうしてやる」
     乳房に蝋涙を垂らされながら、バイブが抽送される。それに合わせて腰を振り、蝋燭同様に熱い粘液を滴らせながら、朋香は叫んだ。
    「い、逝くっ……。逝っちゃうっ! ああ、もうイヤっ」
    「イヤと言いながら何度逝っちまうんだ? お望み通り狂わせてやるぜ」
    「死んじゃう……」
     バイブの振動が強められた。後ろ手縛りの身体を悶えさせながら、朋香は飽くなき絶頂を貪るしかなかった。バイブを操作する上橋の手は、淫液まみれとなっていた。
    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    [PR]

     | ホーム |  page top


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。