FC2ブログ

    プロフィール

    きた

    Author:きた
    FC2ブログへようこそ!


    最新記事


    最新コメント


    最新トラックバック


    月別アーカイブ


    FC2カウンター


    カテゴリ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも一覧


    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR

    「収縮」(「水滴」⑥)

    「んっ……あんっ」
     バイブが徐々に秘裂に潜り込んでいく感覚に、麻那は思わず腰を揺さぶりながら喘いだ。膝立ちにさせられ、背後に回った坂上は、先端で肉壺の入り口を軽く突きながら、バイブを突き上げていく。麻那は膝立ちの姿勢を崩しそうになりながら、何とか耐えた。バイブのスイッチが切られていたことが救いだった。
    「まさか、バイブ入れられただけで逝ったりしないよね?」
     坂上は麻那の反応を嗤いながらバイブを軽く抽送して呻きを搾り取ると、彼女の腰に縄を巻いた。臍の下で結んだ縄を股間に通し、バイブの根元をしっかりと括ると、その余りを腰骨の上で腰縄に縛って縄留めした。
    「麻那のオマ×コがヌルヌルだから、バイブが落ちないように固定しておいたよ」
     充血した両乳首を摘まんで引き延ばすようにして揉み立てながら、坂上は汗を浮かべて火照らせた麻那の顔を覗き込んだ。麻那は唇を軽く突き出し、坂上の顔に近付けた。
    「もっと気持ちいいことをしてほしいな」
     麻那を正座させた坂上は、ズボンのベルトを外し始めた。麻那はますます顔を赤らめながら、横を向いた。
    「ふふ、拗ねちゃってるのかい?」
     その言葉は半分正解だった。キスをせがんだのにすげなくされ、麻那は哀しみを覚えるとともに、羞恥心が再点火させられたのだった。それを理解していながら、坂上は麻那をからかっているのだ。坂上がズボンを脱いだところで、麻那はまだトランクスに包まれたままの逸物に唇を這わせた。しばらく布越しに坂上自身を愛撫すると、トランクスのゴムに前歯を引っ掛け、口で器用に脱がせ始めた。
    「随分がっついてるじゃないか」
     麻那は赤黒く反り返った坂上の逸物の根元から先端に向けて何度か唇を滑らせ、やがてその先端を銜え込むと、柔らかい唇で包んだ。坂上の方に切なげな視線を向けながら、唇をつぼめつつ尖らせた舌で鈴口をチロチロと擽った。
    「なかなか上手いねえ。この調子なら、僕を逝かせることができるかな」
     麻那の頭を撫でながら、坂上はシャツの胸ポケットから取り出したワイヤレスコントローラーを操作した。
    「んむぅっ……」
     体内に埋め込まれたバイブが震動を始め、麻那は腰をくねらせた。
    「吐き出したら承知しないよ」
     坂上は腰を突き入れて麻那を呻かせながら命じた。麻那は苦しげに眉根を寄せながら、健気に逸物への愛撫を続けている。だが、坂上がコントローラーのボタンを押し、震動を強めたり、断続的に強弱を付けたりし始めると、思わず咥えた物を吐き出してしまった。
    「僕を気持ちよくさせてくれなきゃダメじゃないか」
    「だって……」
    「ここで出したら、麻那のアソコには僕のモノを貰えないとか思ってる? そんな心配はないってこと、よく知ってるだろう」
     いったん治まっていた震動が再び襲ってくる。まなは正座の姿勢を保てなくなり、縛られた身体をくの字に折りながら叫んだ。
    「あはんっ、つ、辛い……」
    「何が辛いのかな?」
    「そ、そんなことされたら逝っちゃいますっ!」
     涙の溜まった恨みがましい目で坂上を見つめながら、麻那は訴えた。
    「なんだ、そういうことか。なら、止めてあげるから、しっかり舐めるんだ」
     坂上は震動を止めると、逸物を麻那の口元に突き付けた。麻那は哀しげな表情を美しい顔に刷きながら、再び肉棒に舌を這わせた。それを唇で包み込んで顔を前後させる。だが、坂上の逸物の様子に変化は表われなかった。
     その間にも、股間に埋まったままのバイブの存在が絶えず意識されていた。その上、勃起して莢から顔を出した肉芽が幾たびも、股間に通された麻縄の毛羽に触れてしまう。麻那の唾液に濡れた坂上の逸物以上に、バイブは麻那の花蜜でヌルヌルになっているに違いない。すると、頭の上に置かれていた両手が、麻那の両乳房を揉み、乳首を転がし始めた。
    「ん……うぐっ」
    「麻那のおしゃぶりが上手いから、そのご褒美さ」
     乳首への愛撫がもたらす甘い感覚に絆され、秘所は銜え込まされたバイブをキュッと締め付けた。それにつれ、肉芽が股縄に擦り付けられる。麻那は何とか鼻から息をしながら、その感覚をやり過ごそうとした。だが、肉壺は何度も軽い収縮を繰り返し、とろ火で加熱されていた性感はやがて煮詰まり始めた。
    「あんっ、はん……」
     麻那は逸物を吐き出し、荒い息を弾ませた。
    「吐き出しちゃダメだって言ったよね?」
    「だ、だってっ」
     坂上は床に腰を落とし、情けない顔をしてへたり込んだ麻那の顔を一瞬見つめると、その唇に舌を差し入れた。麻那の舌を吸いながら、乳首を摘まんで長く引き伸ばすような愛撫を再開した。
    「んん……あんっ、もうダメっ。許してっ。あはあん、あむっ……。逝くっ、あん逝くっ……うんんっ」
     麻那は坂上の唇を振りほどいて顔を左右に振り、腰を捩りながら下半身を小刻みに痙攣させた。
    「スイッチは入れてないよ。勝手に昂ぶってバイブを締め付けて、気持ち良くなったんだな? オマ×コが随分敏感だな。いや、麻那が助平なんだよね?」
     まだ腰を震わせながら、縋り付くような目を向ける麻那の顎を摘まんで顔を見つめながら、坂上は意地悪い笑みを浮かべた。
    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
     | ホーム |  page top