FC2ブログ

    プロフィール

    きた

    Author:きた
    FC2ブログへようこそ!


    最新記事


    最新コメント


    最新トラックバック


    月別アーカイブ


    FC2カウンター


    カテゴリ


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも一覧


    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト
    [PR]

    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

    「提案」①

     腰の上で重ねた両手首を拘束した縄は、二の腕と乳房の上部を同時に締め上げてきた。両脇の下を通った縄が胸の縄に掛けられ閂を施される。紗菜は思わず身じろぎしてみたが、手首に掛かった縄は外れそうにない。
    「これだけで動けないはずだぞ」
     背後で縄を操っていた井口が耳元で囁きながら、紗菜の首筋に縄の束を這わせてくる。奥歯を噛みしめずにはいられなかった。そうでないと、唇から声が漏れてしまうからだ。すると、髪の毛を掴まれて背けていた顔を正面に引き戻される。会社帰りの淡いベージュのブラウスとサーモンピンクのタイトスカート姿で縛り上げられている途中の自らの姿が、姿見に映る。
    「ちゃんと前見てないと、お仕置きだからな」
     乳房の下にも縄が掛け回され、首の両脇を通った縄が胸の上下を走る縄をまとめて絞り上げる。根元を絞り上げられた乳房が張り、乳首がブラジャーの裏地に擦れる。背中に繋がれた縄が天井から吊されたカラビナを通された。その縄を引き絞られると両足の踵が浮いた。そのまま縄を留められ、やや爪先立ちのまま後ろ手縛りで吊された格好となった。
    「んっ……」
    「こうされると乳首が立ってくるんじゃないか?」
    「イヤっ」
     言い当てられた口惜しさを悲鳴に紛らせるしかなかった。
    「そんなこと言ってると、いつまでも借金を返せないぞ」
     せせら笑われて少し我に返った。今日ここにいる理由を思い出したからだ。紗菜は大学を卒業して就職したブラック企業を一年で退社し、アルバイトや派遣で何とか生活し、気付いたら27になり、在学中に借りていた奨学金の返済に行き詰まっていた。
     そんなとき、友人を通じて紹介されたのがこの井口という四十絡みの男だ。新宿のシティホテルのラウンジで会ったとき、都内で学習塾チェーンを経営し、経済的に困窮している学生の相談にも乗っているという男は理知的で穏やかな雰囲気と清潔感を漂わせていた。雪白の肌、派手ではないがパーツの整った顔立ちを品のよさげな言葉で褒めながら、井口がほどよくムッチリとした体つきに油断なく視線を走らせているのは紗菜にも分かっていた。
     月に一度、四谷にある井口所有のマンションに通えば、奨学金の返済を肩代わりし、紗菜の住む部屋の家賃も負担するという条件を提示してきた。申し出を断る余裕はなかった上、ちょうど恋人とも別れたばかりだったこともあり、仕方なく承知したところだった。
    「こんなプレイは初めてか?」
     井口はブラウスのボタンを一つずつ外しながら問うた。即座に首を縦に数度振った。淡いオレンジ色のブラジャーが覗いたところで、紗菜は鏡から目を逸らした。
    「ほら、また目を逸らしてる」
     井口は紗菜の髪の毛を掴み、顔を正面に向けさせた。肩まであるストレートの黒髪を乱暴に扱われ、顔が惨めに引き攣った。
    「だって恥ずかしいんですもの……」
     透き通るように白い肌が薄桃色に染まっていた。ブラウスのボタンが一つ一つ外され、引きはだけられる。
    「フロントホックのブラジャーをしてくるなんて、好都合じゃないか。形のいいおっぱいをさらけ出してほしかったのかい、こうやって?」
     ブラカップを捲り下ろされ、Eカップの乳房が露出させられた。上下を縄で搾り出されているせいか、青い静脈の浮いた乳房は冬瓜のように突き出ている。その先端にある桃色の乳首は既に充血していた。
    「やっぱり乳首立ってるな」
     乳房の根元から乳輪に掛けて指先をツーと這わせながら井口は嗤った。
    「そんなことありません……。もう許してくださいっ! お金要りませんから、もう帰して……」
    「今さらそんなことを言い出すとはな。奨学金を返せなくなってもいいのか?」
     乳首の周囲を周回するように指先を踊らせながら井口は問うた。
    「や、やっぱりこんな恥ずかしいこと、イヤです……」
    「乳首に触ってほしくて仕方ないくせに。腰がエロくクネクネ動いてるのはどういう訳かな?」
     井口はスカートを捲り上げながらストッキングに包まれた尻を撫で回す。
    「痴漢みたいなことしないでっ」
    「失礼な物言いだな」
     臍のあたりを彷徨っていたもう片方の手がパンティの中に侵入してきた。悲鳴を上げるまでもなくチクリとした痛みが走った。
    「おや、意外に黒くて艶があるねえ」
     鼻先に突き付けられたのは、パンティの中の叢から引き抜かれた縮れ毛だった。
    「イヤあっ」
    「結構濃いねえ。処理をサボってるのかな?」
     もう片方の手で叢を撫で回しながら、井口は皮肉っぽい笑みを浮かべた。
    「もうこれ以上しないで……。もう解放してくださいぃ……」」
     切れ長の目尻から溢れた涙がひと筋ふた筋、赤く染まった頬を伝い落ちる。
    「そんなにイヤなら、わたしとひと勝負しないか? それに紗菜さんが勝ったら、今回の話はなかったことにしよう」
     井口は指先に乗せた縮れ毛を吹いて飛ばした後、片頬を吊り上げた。
    「どうしろって言うんですか?」
     紗菜の問いは涙声となっていた。

    (続く)

    「定義」(「札幌処刑台」・後編)


     乳首を舐め転がされ、指の間に挟まれたもう片方の乳首も揉み転がされながら、鼠径部に口づけを繰り返され、美紀はのたうち回っていた。人の字縛りからは解放されたものの、上半身を高手小手に拘束した縄目は解かれないまま、ベッドの上に転がされた。
     美紀と同じ全裸となった酒巻は乳首を愛撫しながら、先ほどまで三所責めにされていた部分の周囲を執拗に擽り、舐めしゃぶっている。何度かもたらされた絶頂によって燃え盛った身体の芯は、再び熾火となって美紀の心身を甘痒く嘖んでくる。
    「あぁん、酒巻さん……」
    「どうした?」
    「もっと……もっと気持ちいいところを……」
    「充分に気持ちいいだろ、乳首をこんなに尖らせてるんだから」
     充血した薄桃色の乳首が捻り上げられ、体奥から熱いものがまた滴るのを自覚させられる。思わず腰が持ち上がる。
    「意地悪っ」
    「縛られて、こんなわいせつなことをされるなんて、普通は嫌だろ。 なのにおねだりするなんて、どんだけスケベなんだ、あん?」
     言葉で美紀を追い込みながら、酒巻は乳首に負けず屹立している肉芽をチュッと吸った。
    「あぁん」
     美紀が声を張り上げると、酒巻の口唇は再び秘部の周囲を彷徨う。陰湿な焦らしに美紀は半べそをかきながら哀願した。
    「あんっ、もうください……。お願いしますぅっ」
    「また指を入れてほしいのか?」
    「指なんかじゃイヤっ! 酒巻さんの温かいのを……」
    「つまり、おれにもっとわいせつな行為をしてほしいんだな。それとも、みだらな行為か?」
     酒巻はベッドの上に中腰となり、すっかり勃起した怒張を右手でしごいて見せた。美紀の視線がそこに吸い寄せられている。
    「わいせつなことしてっ!」
    「よし、願いを叶えてやるか」
     肉棒に手早くコンドームをかぶせると、酒巻は美紀の腰の下に枕を差し入れた。期待に輝かせた美紀の大きな瞳を覗き込んで微笑みながら、怒張の先端で濡れ光る秘裂を上下に擦り上げた。時折、手で支えた先っぽの部分で肉芽を弄り、さらに甲高い悲鳴を絞り出させる。
    「ああん、早くぅ……」
    「もうしてやってるじゃないか」
    「……れて……」
    「聞こえないなあ。それにわいせつなこと、もう嫌ってほどしてやってるだろう」
    「入れてっ!」
     あくまで空とぼける酒巻に、美紀は苛立ちの混じった泣き声をぶつけた。
    「そんなこと頼まれてないぞ」
     乳首の根元を甘噛みされながら、再び肉芽が擦り上げられ、美紀は焦れながら熱く白濁した粘液を吐き出していた。
    「わいせつなことしてって頼んでるじゃない、さっきから……。お願いですからぁ」
    「一つ教えてやろう。法律的には『わいせつな行為』ってのはな、こうやって服を脱がしたり、身体を色々弄くり回して美紀を喜ばせることを指すんだ」
     相変わらず先端は秘裂に擦り付けられている。腰をもたげてそれを受け入れようとしても、巧みにかわされてしまう。
    「ああ、こんなの辛い……」
     涙の溜まった目で酒巻を睨むものの、その表情はすぐ哀願に切り替わる。白いムチムチした身体を桃色に火照らせ、ただのたうたせている。
    「対して『みだらな行為』ってのはな、『性交』、つまりオマ×コすることを指すんだ」
     そんな法的定義など、単なる事務職の美紀が知るはずはない。だが、改めて酒巻の肉棒をねだらずにはいられなかった。
    「み、みだらなことしてっ!」
    「今さらそんな言い方してもダメだ。はっきり『オ×ンコして』って言え」
     一瞬の間の後、美紀は口を開いた。
    「お……オマン×して……」
     消え入りそうな声だった。
    「この言葉、聴かせてやりたいぜ、美紀を大切に育ててくれたご両親にな」
    「言わないで、そんなことっ!」
    「自分の娘が悪い遊びを覚えて、みだらなおねだりをするまで堕ちたんじゃ、ご両親も浮かばれないよなあ」
    「堕ちてもいいっ、早くちょうだいっ。あはんっ」
     怒張が一気に押し入ってくる。先端が体奥を二度、三度突いた。
    「んっ……」
     美紀の全身が硬直し、痙攣した。
    「こんなんで逝くのは早いぜ。おれはもっと愉しませてもらうからな」
    「死んじゃう……」
     本格的な抽送が始まった。浅く、時には深く、太く固い肉棒が出し入れされる。ゴム一枚隔てても伝わるその体温は、美紀の肉壺をさらに蕩けさせていく。
    「狂わせてやる。腰が立たなくなるくらいにな」
     酒巻が大きく腹の上で泳ぐ。美紀の体内は既に沸騰し、また爆発が起きるのは時間の問題だった。

    「口唇」(「主演」・終)

    「ほら、しっかりナメナメしてもらうぜ」
     唯一残っていたブラジャーも外され、改めて高手小手に縛り上げられた由梨恵は、髪を掴まれた。顔が仰向けに横たわった高尾の股間に近付けられる。口惜しいことに、目の前のそれはまだ勃起していなかった。
     キングサイズのベッドに横臥した高尾の身体に対し、ちょうど直角の角度で由梨恵は覆い被さる格好だ。まだ萎えたままのそれの根元に口づけし、何度も先端に向かって舐め上げる。やや力をもたげてきたところで先端をすぼめた唇でキスを繰り返し、小刻みに舌を這わせる。高尾の呼吸が荒くなり、男根に力が漲ってくるのが感じられる。そして、完全に勃起させることに成功すると、由梨恵はわざと先端避けて茎の部分にキスをしはじめた。いつも散々焦らし責めにかけられていることへの仕返しのつもりだった。
    「あうん」
     乳首が高尾の悪戯な指で揉み転がされる。由梨恵の身体はちょうと高尾の右手を伸ばしたところにあった。
    「なかなか上手くなったじゃないか。お礼に気持ち良くしてやるよ」
     高尾の体臭が最も色濃く発せられる部分を口唇愛撫しながら敏感な部分を刺激されると、普段よりさらに快感が増してくる。高尾を焦らそうという邪心は消え去り、先端を唇に咥えながら舌を這わせた。早く高尾のものを秘唇で味わいたくなった。
    「う、ううん、止めてっ」
    「縛られてチ×ポ舐め舐めしながらオマ×コも弄られるなんて最高だろ?」
     高尾の右手は由梨恵の股間をまさぐっている。繊毛を擽り、秘唇を撫で上げ、肉芽を転がしてくる。思わず口唇愛撫に熱が入る。だが、高尾の指弄で思わず声が漏れ、屹立を咥えているのが辛くなってきた。
    「ああん、もう許してっ」
    「何が許してだ? せっかくオマ×コを気持ち良くしてやってるんだ、フ×ラを止めるんじゃないぞ」
    「だってっ、ああ、もう欲しいですっ……」
    「もっとおれを気持ち良くしてくれないと、こいつはお預けだ」
     依然として股間に高尾の指が遊んでいる。肉芽を軽いタッチで巧みに擦られ、快感が背筋を何度も貫いてくる。由梨恵は意地悪い快感に苛まれながら、高尾の屹立を懸命に咥え込んだ。
    「お、なかなか熱が入ってるじゃないか。お礼にもっと愉しませてやるぜ」
     枕元に置いたピンクローターを手にすると、高尾は振動子を由梨恵の股間にあてがった。
    「うふんっ!」
    「ほら、こうするともっと一生懸命舐める気になるだろう?」
     振動が強められる。体内で沸騰寸前まで高められた性感は既に捌け口を求めて荒れ狂っている。
    「あん、ダメっ! 逝っちゃう……」
    「逝ってもいいんだぜ。その代わり、こいつは挿れてやらないからな」
    「そんなっ。意地悪……」
    「逝きたくてたまんないんだろ? おれのチ×ポなんかより、ピンローの方がいいんだよな?」
    「もういじめないでっ。お願い、くださいぃぃ……」
     高尾の屹立に舌を這わせながら、由梨恵は泣き声で哀願した。
    「なら、おれの言うことは何でも聴くか?」
    「何でも従いますからっ! お願い、お願いっ……!」
    「今の言葉、後で撤回したら許さないからな」
     高尾は枕元に置いたコンドームを手早く自らに被せると、由梨恵に命じた。
    「跨がるんだ」
     言われたとおり高尾の股間にまたがった由梨恵は、しゃがみ込みながら手で根元を支えられた屹立を徐々に咥え込んでいく。先端が体奥に届くと、由梨恵は堪らずに腰を前後に律動させた。
    「ああん、気持ちいいっ。気持ちいいよぉ……」
     しばらく由梨恵に思いのまま腰を動かすのを許した後、高尾は腰を数回大きく突き上げた。
    「許してっ、もう……」
     叫びとともに由梨恵は全身を痙攣させた。
    「こんなんで逝っちまって満足してるんじゃねえぞ。もっと狂わせてやる」
     高尾は由梨恵の腰を両手で抱えると、本格的に律動を開始した。深く突いたかと思うと、入り口のあたりを擦り上げ、一気に昇り詰めようとする由梨恵の感覚を翻弄する。由梨恵は顔に汗で髪の毛を貼り付かせ、腰を捩りながら高尾の肉棒を味わわされていた。
    「あんっ、また逝っちゃうっ! もっとっ……。あんっ、来て、来てっ、お願いっ」
    「まだまだこんなんじゃ逝き足りないだろうが」
     高尾は由梨恵を両膝と頭で身体を支える格好にさせると、後ろから貫いた。
    「あん、そこは許してっ!」
     高尾の指が後門を抉り回してきた。
    「ここもすぐ好きになるさ。おぉ、よく締まるぜ」
    「ああん、死んじゃうぅ……」
     腰の律動が大きくなる。喘ぐ由梨恵の髪の毛が掴まれ、ベッドの下に設えられたムービーカメラのレンズに差し向けられた。由梨恵は呆けた顔を晒したまま、高尾が送り込んでくる快楽に没頭していた。撮影動画が高尾の友人の調教師・阿久大寛の元に届けられるとは知らないまま――。

    「九尾」(「主演」②)

    「パンツ脱がされたままじゃ恥ずかしいだろ? 穿かせてやるぜ」
     高尾は責め道具一式を入れたカバンから黒革のショーツを取り出してきた。クロッチの部分に袋のようなものが付いている。
    「うぅむぅ、ひあっ(そんなの穿かされるのイヤっ……)」
     男にショーツを穿かされるなど、羞恥の極みだ。だが、それを訴える叫びは厳重に噛まされた猿轡に阻まれる。背中に結ばれた縄が天井に張り巡らされた梁に繋がれ、立ち吊りの格好となった由梨恵の足首を掴み、足元にしゃがみ込んだ高尾がショーツを無理矢理穿かせた。それが膝の上まで引き上げられたところで、卑しい笑いを浮かべながら高尾が由梨恵を見上げた。
    「ほら、こうしててやるから大人しくしろ」
     いつの間にか手に握ったバイブの先端で、由梨恵の秘裂を上下になぞり始めた。
    「ふん、うふんぅ……ぐっ」
    「簡単に入るぜ、またオマ×コ濡らしてるからな」
     バイブが体内に押し入ってくる。それを反射的に喰い締めてしまい、さらに熱いものが溢れ出す。バイブのスイッチが入れられ、回転が始まる。秘肉をバイブで抉られ、枝の部分で肉芽を弄られる。由梨恵が悶え始める間もなく、ショーツが腰に穿かされる。
    「ふふふ、こうするとバイブを入れたままにできるんだぜ、嬉しいだろう?」
     高尾はショーツの底にできた袋にバイブの根元部分をはめ込んだ。わざわざ皮ショーツを穿かせたのは、バイブを固定するためだったのだ。
     腰にも縄を巻き付け、天井の梁に結び付けられると、由梨恵は立ったまま腰を後ろに突き出したような姿勢を強いられた。バイブの回転は不規則に強さや方向が変わり、由梨恵の性感を翻弄してくる。快楽に溺れようと思ったが、それは許されなかった。
    「ひぎっ!」
     由梨恵のよく張った尻で破裂音が弾けた。高尾は嬉々とした表情でバラ鞭を振るっているのだ。鞭が数回続けて炸裂する。由梨恵は痛撃を避けようと片脚を交互に鶴のように曲げるが、高手小手縛りのまま吊された身では、防御するにも限界がある。痛覚だけでなく、ランダムな動きをするバイブが背筋を貫くような快感を送り込んでくる。何度も尻を撃たれるたびに、由梨恵は感覚と感情をいいように揺さぶられる。太腿をバイブで撹拌された熱い滴が伝い落ちる。奴隷以下の扱いを受けながら感じてしまっていることを、由梨恵は恥じた。
    「どうだ? 鞭もお気に召したようだな」
     いったん鞭打ちを止めた高尾もバスローブの袖で額を拭っている。カップを引き下げられて露出した乳房の頂で、」充血して尖った乳首を指先で軽く揉まれる。それだけで、由梨恵は吊られた上半身を悶えさせずにはいられなかった。
    「こんなに乳首コリコリさせちゃって。お仕置きだな」
     バスローブのポケットから取り出され、目の前に突き付けられたのは木製の洗濯ばさみだった。
    「ひがっ、はへへっ(イヤっ、止めてっ)」
     由梨恵は涙を浮かべて顔を左右に振りながら哀願したが、高尾は微笑みを浮かべたままだ。乳首に鋭い痛みが走る。根元を洗濯ばさみで挟まれたのだ。
    「意外に気持ちいいらしいぜ」
     もう片方の根元にも洗濯ばさみを噛ませながら、高尾は嗤った。絞り出された乳首の先端に高尾の舌先が踊る。
    「う、うぅん……」
    「気持ちいいんだろう?」
     口惜しいがその通りだった。洗濯ばさみで根元を挟まれて感覚が鋭敏になった分、愛撫への反応も激しくなっているのだ。同時にバイブが小刻みに抽送される。交互に乳首を舐めしゃぶられ、回転するバイブを抜き差しされ、由梨恵は腰を大きくうねらせた。猿轡を噛まされた顔が仰け反った。
    「鞭打たれた後、乳首挟まれたまま逝っちまおうなんて、虫がよすぎるぜ」
     絶頂寸前で愛撫を中止した高尾は、恨めしげな由梨恵の目を覗き込むと、鞭を一閃させた。
    「いいっ!」
     縄に上下を絞り出された乳房が痛みに襲われる。
    「あれ? 落ちないか。もう一回だな」
     バラ鞭の先端が乳房を薙ぎ払った。今まで以上の痛覚に襲われると、片方の乳首を挟んでいた洗濯ばさみが飛んだ。
    「もう一個の洗濯ばさみも落としてやるぜ」
     怯えに満ちた由梨恵の目を見返しながら、高尾はバラ鞭の先端を数回乳房に這わせた。乳房の性感が掘り起こされ、秘裂で暴れ回るバイブの動きが殊更に意識される。どうやら、先ほどからバイブの回転数が上げられていたようだ。由梨恵は思わず両脚を閉じ、太腿でバイブを挟み込んだ。振動と回転が余計に体奥に響く。再び鞭が炸裂した。また洗濯ばさみが飛び去った。
    「あぐっ! ひぐぐっ……」
     由梨恵は仰け反ったまま、全身を硬直させた。やがて総身が小刻みに震え、吊り縄に預けた上半身を折った。足元が生暖かく感じられる。由梨恵はまだ顔を下に向けたまま、肩で大きく息をしている。髪の毛が掴まれ、顔を上げさせられると、猿轡を解かれた。
    「鞭で打たれて逝っちまったんだな?」
    「はい……」
     高尾の顔を見ることはできなかった。
    「このスケベ女め、ションベンまで漏らしやがって」
    「恥ずかしいですっ……」
     髪を掴まれたままでは顔を背けるにも限界があった。
    「この様子もしっかり録画してるからな。縛られて鞭打ちで逝かされて、失禁してる姿をな。動画サイトにアップしてやろうか?」
     洗濯ばさみの外れた乳首がまた愛撫される。そのむず痒い感覚と羞恥心がない交ぜとなり、由梨恵は荒い息を吐きながら顔を紅潮させるしかなかった。
     | ホーム |  » page top